子どもや親子向け いろいろな運動やあそび

チャレンジ・ザ・ゲームは、グループで交流しながら記録に挑戦し、遊び感覚で身体を動かす楽しさを味わえるスポーツ・レクリエーションです。 ボールを使ったり、なわを使ったり、棒を使ったりなどユニークなゲームがたくさんあります。 さらに、いつでも、どこでも、だれでも、挑戦した記録を申請することで、月間、年間の単位で全国ランキングを競うという「全国いつでもチャレンジ・ザ・ゲーム大会」に参加することができます。 小中学校や、職場、地域など、さまざまな場面で、全国各地のたくさんの方々がチャレンジ・ザ・ゲームを楽しんでいます。

あいうえお順

                     

ネット・パス・ラリー

ネットにボールを載せて持ち、ペア2組で向かい合い、ネットの上のボールを交換して楽しみます。

ネット・パス・ラリー・10

1チーム10人5組でネットを使ってボールをパスしあいます。三分間で何回パスを続けられるかを競います。

バンブー・タイムレース

グループ・バンブーダンスと基本的な方法は同じで、2分間で何回ステップできるかを競います。

フロート・パス・ラリー

大小2つをつなげた変形バルーン(以下:ボール)を使って、ペア2組がパスをしあいます。

ペア・リング・キャッチ

向い合った2人が3つ以上のリングをまとめて投げ合い、トータルでいくつのリングをキャッチできるか、少人数で楽しめる種目です。

むかでタイムレース・10

6人制バレーボールコートの外周(54m)を10人の縦列むかでで一周し、そのタイムを競います。イチ、ニ!イチ、ニ!の元気な掛け声をそろえ、一致団結してトライするのが好記録の秘訣。

リング・キャッチ

5組のペアが8m離れ、リングを1個ずつ持ち、向かい合います。かけ声をあわせ、全員でリングをスローイングし、お互いのパートナーが投げたリングをキャッチします。

リング・キャッチ・クロス・10

1チーム10人5組が向かい合って横に並び手に持ったリングを順番に斜めの相手にパスしていきます。一人だけ色の違うリングを持って初め、そのリングが元の人まで帰ってくるタイムを競います。

リングテニス

バトミントンコートをはさんで、リングを投げ合うリングテニス。キャッチの難しさがクセになる!?

ロープ・ジャンピング・10

ロープに順番に入り、みんながそろって跳び始めたところでカウントスタート。途中でミスしないようにと、ドキドキハラハラの緊張感も楽しめます。

ロープ・ジャンプ・X

長さ10mのロープを使ったなわとびで、3人以上あれば何人でも楽しめます。小さいグループでも、学校のクラス単位でも競い合えるのが魅力です。運動量もあり、子どもから壮年の方まで、幅広い人たちに人気があります。

ロープ・ジャンプ・EX

ロープ・ジャンピング・EXを、跳んでいる最中の入れ替わりもポイントに加算するというルールなどをくわえた体力つくり、コミュニケーションづくりに適した種目。

 

 

 

キャッチング・ザ・スティック

横一列に右端から8人が、1人2本のスティックを持ち、“トントン”のリズムにあわせてスティックを突き、“パッ”と離して、素早く右へ横移動。何回続けてキャッチできるかを楽しみます。

 

グループ・バンブー・ダンス

竹を打ちつけるリズムに合わせ、6人が竹をダンスのようにステップします。

 

ゴム・ダンス・“ステッぴょん”

リズムキーパーの2人が足首にゴムを取り付けて向かい合い、3人以上の跳び役が1人ずつ入っていき、ダンスのような規定のステップを刻み、競技時間の中で何人がクリアできるかを楽しみます。

ドリブルリレー

5人が横一列に並び、右端から3人は1つずつドッジボールをもってスタンバイ。合図とともに交互の手でボールを2回床に突き、みんなで同時に右に横移動(一番右端に来た人は左端に移動)。運動量もあり、スピードとテンポやリズムがポイントとなります。

ドンパー・リレー II

キャッチング・ザ・スティックを使った種目。内側を向いて円陣を作り"トントン"のリズムでスティックを突き、"パッ"とスティックを左隣の人に渡し、素早く右隣の人からスティックをキャッチします。