いきいきパズル

完成見本と、見本を立てる専用スタンドが付属していますので、高齢者の方が楽な姿勢でパズルに取り組めます。1つチャレンジしてクリアするごとに、「チャレンジカード(個人別記録カード)」に「達成シール」を貼っていき、全12種類に挑戦します。

あそびの特徴から似たあそびを探す

介護予防子ども・親子

★特別編フォトロマン!

日本レクリエーション協会が指導者資格保有者向けに発行している「Recrew623号」に掲載されたいきいきパズルのフォトロマンです。

より楽しむコツは?

完成見本に記載されている「絵柄の解説」を利用してコミュニケーションを深めたり、チャレンジカードでモチベーションアップにつなげたりすることできます。

あそびの概要・準備

「いきいきパズル」の絵柄は、「日本の風景」「花束」「こいぬ・こねこ」「名画」の4ジャンル全12種類。ピース数も、20、40、60、96ピースの4タイプあるので、段階的に難易度の高いものに挑戦することができます。高齢者の方が手に持ちやすいように、ピースのサイズは大きくて厚めです。完成見本の裏面には、絵柄についての解説があるので、コミュニケーションのきっかけにも使えます。

必要な用具について

いきいきパズル



用具の詳細・購入ページを見る