CDあそび

使用済みのCDを利用したさまざまなあそびをご紹介します。

あそびの特徴から似たあそびを探す

介護予防子ども・親子

★遊び方2 「CDエアホッケー」

相手めがけてシュート! 落ちないようにガード!

ルール

ラベル面から紙で中心の穴をふさぎテープで止め、裏面(キラキラ面)にカッターで切りこみを入れます(16等分)。テーブル上でCDを滑らせ、相手側の端から落ちたら得点、自分側の端から落ちたら失点。

盛り上げポイント

●まずは、2人で1枚のCDを滑らせるのを楽しみ、徐々にCDの枚数を増やしてみましょう。
●CDを正確に止めることが必要になるので調整力、反射神経を刺激できます。
●グループ対抗で戦うのも面白いですよ。

遊びの効果

上肢を使いながらペアで投げ合うことを楽しみます (身体機能 調整力を鍛える)。

★遊び方3 「ディスクカルタ」

この曲なーんだ?

ルール

CDを20枚程度(ラベルがある歌などのCDがベスト)用意します。白いラベルの場合は、自分たちでラベルに絵を描いたり、ことわざを書いたりしながらオリジナルカルタを作成します。読み手がCDのヒントになるキーワードを読み、そのCDを取り合います。

盛り上げポイント

●CDを取り終わったら、その歌のCDについての話をすると回想にもつながります。

遊びの効果

歌詞を思い出しながら思い出話に花が咲きます(コミュニケーションの促進)。

★遊び方4

「ディスクチャレンジ」

的に一番近いのはだれかな?

ルール

2チーム対抗で実施(A・Bチーム)。AチームはCDのラベルの面、BチームはCDの裏面と決めます。2メートル先に的を用意し交互にCDを投げ、的をねらいます。最終的に的に近いチームの勝ちとなります。

盛り上げポイント

●投げたディスクが地面にぶつかり、裏返ったら相手チームのディスクになります。
●試合に慣れてきたら、ディスコンで楽しんでみるのも良いでしょう。

遊びの効果

チームの団結力、結束力が自然と生まれてきます
(ココロの安定【安心感、一体感】)。

 

あそびの概要・準備

使用済みのCDを利用したさまざまなあそびをご紹介します。

必要な用具について

・CD

おすすめプログラム

この順番で遊ぶと、スムーズに進行できます。
1.まず、CDの動きに慣れて頂くために、こちらの遊び方で楽しみます。
遊び方1「カラフルコマ」または 
遊び方2「CDエアホッケー」
2.慣れてきたら、こちらの難易度を上げた遊び方に挑戦。
遊び方3「ディスクカルタ」または 
遊び方4「ディスクチャレンジ」

★遊び方1 「カラフルコマ」

クルクルたのしい・キラキラきれい

ルール

CDとビー玉を用意します。CDの穴にビー玉を貼り付け、貼り付けた部分はテープと接着剤で補強します。上面のキラキラ面に好きなデザインを施します。ビー玉部分を持ちながら回すとキラキラ輝きを発しながらきれいに回ります。

盛り上げポイント

●数人でコマを回して誰が一番長く回せるかを競ったり、数人でぶつけ合いのバトルを楽しむのも良いでしょう。

遊びの効果

オリジナルなデザインを作る楽しみを実感できます(自信や意欲の獲得)。