新聞あそび

新聞紙って意外に使えるレクアイテムだということをご存じでしたか?
読むだけでなく、切ったり、投げたり…実はいろいろな活用方法があるんです。

あそびの特徴から似たあそびを探す

介護予防

★遊び方2
「目指せ東京スカイツリー」

どこまで長くちぎれるかな?

ルール

1枚の新聞紙を、手でどれだけ長くちぎれるか競います。グループ対抗にし、各グループの参加者全員の合計の長さで競うという方法もおすすめです。

盛り上げポイント

●グループで行う際には、長さの目標を立てると盛り上がります。「今日は5mに挑戦」など。
●指の使い方や集中力の高さを褒めましょう。

遊びの効果

新聞紙を細く長くちぎることにより、手先の細かい動きを自然と行うことが出来ます(身体機能維持)。

★遊び方3 「文字さがし」

誰が先に見つけられるか競争!!

ルール

お題の文字を新聞紙から探します。例:お題が「しんぶんし」であれば「し」「ん」「ぶ」「ん」という文字を新聞から探します。

盛り上げポイント

●お題をスタッフの名前にする、クイズ形式にして答えの文字を新聞紙から探して当てるというやり方も盛り上がります。
●グループで協力して探している姿を褒めましょう。

遊びの効果

グループ全員で作業を行うことにより、各個人の存在感が得られます(コミュニケーションの促進)。

★遊び方4 「新聞、ナマ討論!」

話題の引き出し、みんな意外と持ってます!

ルール

まずは、新聞に書いてある記事や社説をみんなで朗読。その中からテーマを選び、みんなで話をします。例: 梅雨、あじさいなど。

盛り上げポイント

●最新のニュースや対象者の趣味の話、季節感のある話題を選ぶとよいでしょう。
●支援者が話すのではなく、対象者の話を引き出すように支援しましょう。

遊びの効果

テーマに沿った新聞の内容について話し合うことに
より、それぞれが持つ知識や情報により話が盛り上がります(ココロの安定〈安心感、一体感〉)。

 

 

あそびの概要・準備

新聞紙って意外に使えるレクアイテムだということをご存じでしたか?
読むだけでなく、切ったり、投げたり…実はいろいろな活用方法があるんです。

必要な用具について

・新聞紙

おすすめプログラム

この順番で遊ぶと、スムーズに進行できます。
1.まず新聞遊びに慣れて頂くために、こちらの遊び方で楽しみます。
遊び方1「新聞紙パスリレー」または
遊び方2「目指せ東京スカイツリー」
2.慣れてきたら、こちらの難易度を上げた遊び方に挑戦。
遊び方3「文字探さがし」または
遊び方4「新聞、ナマ討論!」

★遊び方1 「新聞紙パスリレー」

新聞紙がスポーツグッズに早変わり!

ルール

新聞紙を3枚用意し、1枚は丸めてセロテープでとめ、ボールを作ります。2、3枚目はそれぞれ半分に折り、縦長になるようさらにもう半分折り、次にV字になるよう横半分に折り目をつけて、ボールの受け皿を作ります。2人組になって、それぞれ受け皿を持ち、ボールをパスし合いましょう。新聞紙を半分に折った状態からスタートすると簡単です。

盛り上げポイント

●最初は、投げる側とキャッチする側に分かれて練習することをおすすめします。うまくキャッチできたり、パスできたりしたら褒めましょう。

遊びの効果

2人組でパスしあうことにより、お互いの存在感を得ることが出来ます(自信や意欲の獲得)。