スイッチピッチ

ボールを投げると不思議なことに表面の色が切り替わります。例えば緑だったボールが一瞬にしてオレンジに!上手く色を替えるためには掌、手首の回旋運動がポイント。手や上肢が不自由な方のリハビリに効果的。また、変化によってミゾのある、無しにもなり、目の不自由な方も楽しめます。

あそびの特徴から似たあそびを探す

介護予防チャレンジ・ザ・ゲーム

世界あそび事典 /スイッチピッチ

©日本レクリエーション協会

二人で遊ぶ
①向かい合って、二人組で何回色変えキャッチができるかにチャレンジ。ゲーム的に進める場合は、一人で行なうときと同じく、みんなでカウントします。
②ボールの操作に慣れてきたら、1〜4のようなパスゲームをくり返してみましょう。上手にできるようになってきたら、逆の手からスタートするパターンも行なってみてください。

1. Aさんの左手から右手へ
2. Aさんの右手から、Bさんの右手へ
3. Bさんの右手から左手へ
4. Bさんの左手から、Aさんの左手へ

もっと 楽しむ!

グループで輪になって
①左手から右手に
②右手から左側の人の左手に順番でパ スを行ないます。
始めは、色を変えることを意識せず、連続してパスを続けることを楽しみ、慣れてきたら色を変えるような投げ方を工夫してみましょう。反対周りにもチャレンジしてみてください

あそびの概要・準備

人数

1名〜4名

適した場所

平坦な屋内、屋外

必要な用具について

スイッチピッチボール

用具の詳細・購入ページを見る

 
遊び方

一人で遊ぶ
①ボールの色を変わらせることを意識させて、左右交互にボールを軽く投げてキャッチ。手の返し方のポイントをつかみます。

②何回続けて色変えの左右キャッチが続くか等の目標を設定して行ってみましょう。数名でゲーム的に行なうときは、色が変わらなくなったらプレーヤーをチェンジしていきます。見ている人は、全員が審判となりチェンジが継続しているときのカウントを行ないます。「○○さんは何回。つぎは△△さんの番だよ」などとリードし交代しながら進めましょう。