ソフトチーズボード

基本動作は、両端のヒモのついたリングを引っ張り、赤いキャップの中に入れたボール(ピンポン玉)を穴の中に入れるゲーム。1人でもできますが、2人で左右のリングを別々に持ち、協力しながらボールを入れる方法も楽しめます。片マヒの人などは、手腕等の機能回復リハビリにもおすすめです。

あそびの特徴から似たあそびを探す

介護予防子ども・親子チャレンジ・ザ・ゲーム

世界あそび事典 /ソフトチーズボード

©日本レクリエーション協会

遊び方

一台で遊ぶ
①6個のボールを何秒で全部の穴に入れられるかのタイムを計ります(タイム・トライアル)。数回行なううちに、目標タイムを設定して、徐々にタイムを上げていくことを意識させます。
②慣れてきたら、上の横一列や、斜め3コなど指定して行ってみましょう(指定タイム・トライアル)。アルファベット文字(T/N/H/M)の指定などもおすすめです。時間目標を作ってあげることで、自然に機能回復リハビリにもつながります。
*2人で左右のリングを別々に持ち、協力しながらボールを入れる方法もおすすめです。
二台で遊ぶ
①一台で遊ぶ方法と同じ内容を、2人または複数人で競ってみましょう。一対一よりは、複数人でリレー形式にしたり、2人で左右のリングを別々に持って協力しながら楽しむと、優劣が目立たなくなります。

 

練習方法

●まずは、6個のボールを穴の中に入れてみましょう
片マヒの人の場合は、始めは不自由な側の操作をサポートしてあげ、徐々に自分で出来るようにリードします。

★こんな遊び方もできます
「ポイント当てゲーム」
遊び方:盤を背合わせにし、お互いの盤が見えないように置き、盤の穴に番号をつけます(右図参照)。相手に見えないように、別色のボールを1個穴に入れ、じゃんけんをし、先攻後攻を決めます。交互に、相手が入れたと思うボールの穴の番号を言い合い、先に言い当てた方の勝ちとなります。外れた場合は、「ハズレ」といい、言われた穴に自分のボールを入れていきましょう。
*一度言った番号を二度言ってしまうのも負けです。記憶力も勝敗を決めます。

あそびの概要・準備

人数

1~4人

適した場所

どこでも

必要な用具について

・ピンポン球台2個
(縦54cm、横38cm、厚さ4cm、重さ2kg
*安全性の高いEVAスポンジ製)
・ピンポンオレンジ6個・白6個

用具の詳細・購入ページを見る