スカットボールII

ゲートボールと同様のスティックを使って、的となる台の穴にボールを入れるスカットボール。「スカッとする」と人気ですが、力の弱い高齢者や車いす利用の方には、スティック操作が難しいという課題がありました。そこで、押し出し角度が自在な、だれもがボールを押し出せる新スティックを開発。スカット台にもピンを打ち付けたことで、ボールが台上をあちこち動いて見ていて楽しく、ワクワク・ドキドキ。子どもたちと高齢者との交流行事などにも最適です。

あそびの特徴から似たあそびを探す

介護予防チャレンジ・ザ・ゲーム

世界あそび事典 /スカットボールII

©日本レクリエーション協会

遊び方

①先攻後攻を決め、最初の競技者が10個のボールを1個ずつ専用クラブを使いゲーム板に向かって転がし、ホール穴に入れます。
②次に後攻チームが先攻者と同様にボールを転がし、ホール穴にボールを入れます。
③競技者の数だけくり返します。
④勝敗は、ホールに入ったボールの数を得点とします。さらにラインに沿ってボールが並んで入った場合、ボーナスポイントを加算します(4個のラインに並んで入った場合4点、3個のラインに並んで入った場合3点、多重に並んだ場合はそれぞれ加算)。ラインに並ばずボールが入った分はその数だけを上記の得点に加算します。いずれのラインにも並ばなかった場合は、入ったボールの数を得点とします。
*ホールに入らなかったボールは撤去して邪魔にならないようにしてください。

 

練習方法

用具に慣れる練習をしましょう
クラブの押し出し角度は自在なので、自分で打ちやすい角度を調整してみましょう。角度を調整することによりボールのすすみ具合も違ってきます。自分に合った角度と打ち方を練習してみましょう。

距離を徐々に長くしましょう
最初は、スカット台の穴に近い場所から打ってみましょう。慣れてきて、ボールが穴に入る頻度が高くなってきたら、徐々に穴から離れていきます。

ゴルフのパターのように、正確に穴に入れてみましょう
入れる穴をあらかじめ指定し、その穴に入れるよう練習します。

押出し角度自在クラブ

ボールを打撃するのではなく、ボールを保持しながら押し出す動きのため、子どもからお年寄り、車椅子の方まで分け隔てなく簡単にゲームに参加できます。

あそびの概要・準備

人数

2人〜
(1チーム1人〜5人程度で2チームに分かれて競技)

適した場所

体育館、会議室、大広間など。平坦な場所であれば、駐車場やビルの屋上など屋外でも可能。

必要な用具について

・スカット台1台
・専用球10個
・角度自在押し出しクラブ1本
・スティック1本、マット1枚

用具の詳細・購入ページを見る