紙ヒコーキ

紙を自分で折って作り、色々なルールで楽しめます

あそびの特徴から似たあそびを探す

介護予防

5.へそ(三角に出ている)ところを折り返す。

6.へそが外側になるように二つに折る。

7.両方の翼を広げる。(広げ方によって飛び方も変わる)

作り方や遊び方を聞いてみましょう!

「紙ヒコーキで遊んだことはありますか?」
「折り方によって飛び方も違うんですね。」など、高齢者と話をしながら昔の紙ヒコーキの折り方のコツや遊び方を聞いてみましょう。

<種類>
へそ型飛行機
ロケット飛行機
イカ飛行機
ツバメ飛行機
トンビ飛行機 など

進め方とコツ

とばし方をマスターすればいろいろな遊び方ができます。まずは飛ばすコツをつかみましょう。

<Step1:飛ばすことに慣れましょう!>
まずは真っ直ぐ、遠くへ飛ばすなど、感覚を身に付けましょう。

1.遠くへ飛ばす
力を入れなくとも、投げる角度や手を離すタイミングなどによっても十分遠くへ飛んできますよ。やや上方向に向けて飛ばしてみましょう。

2.長く飛ばす(滞空時間を長くする)
紙ヒコーキの種類によって変わってきます。いろいろな機種の紙ヒコーキを作って試してみましょう。

<Step2: 的に向かってアプローチ!オリジナルのヒコーキで対戦>
飛ばすことにある程度慣れてきたら、今度はゴルフのように、異なる機種の紙ヒコーキや同じ機種の飛び方の違う紙ヒコーキを使い分けゴールを目指して遊んでみましょう。
距離や的へのアプローチを考えて、自分でいくつかの種類の紙ヒコーキを作って挑戦します。 真っ直ぐ飛ばす、遠くに飛ばすときは<ロケット型>や<イカ型>が向いています。
また翼の角度や素材の重さなどによっても飛び方はさまざまなですので是非工夫して作ってみましょう。

★屋外でも楽しめますよ!

公園の鉄棒の下をくぐらせたり、木と木の間を通過させたり・・・・。
いろいろなものが的に変身!屋外ですと自然の風の力も加わり意外な方向へ飛んでいくこともありますので、また違った楽しさを味わうことができます。

参 考:折り紙飛行機は下記のアドレスです
折り紙ヒコーキ

皆さんの地域ならではの遊び方が出てきたら、ぜひ教えてください。ホームページに掲載して、他の地域の方々と共有したいと思います。

今回紹介したものほんの一例です。遊び方やルールはお使いいただく方の工夫しだいで広がります。

あそびの概要・準備

遠くに飛ばそういう気持ちは、自然に手や体を伸ばしたり、思った方向に飛ばそうという気持ちは集中力を養うこと へもつながります。
昔、紙ヒコーキは遊びの定番でした。型によって飛び方もかわり、ちょっとした工夫で飛び方を変えられるのも魅力です。自分で作ることでとっても愛着が湧きますよ。遊び方もいろいろ!飛んだ距離を比べたり、滞空時間を比べたり、また、何回で的に着くかというゴルフのようなゲームもできます。是非いろいろな形の紙ヒコーキをつくって遊んでみましょう。

へそ型ヒコーキの作り方

1.中心に折り目をつけておく。

2.中心線に向けて三角に折る。

3.三角形の底辺から1.5cmくらいあけたところで折る。

4.中心に向かって三角形に折る。