縄跳び

自転車のチューブを使った昔なつかしい遊び

あそびの特徴から似たあそびを探す

介護予防

きれいに洗わないと臭いでので面倒でもしっかり洗いましょう。

2.ハサミで輪切り(1cm位)に切ります
チューブは円系なので、外側から中心に向かって切ると、内側は少し細めになります。

3.1つ1つの輪をつないで、大繩とびを作ります
2つ輪を十の字に重ねます。Bを(Aの外側を通って)Cの方へ持っていき、Cの下から上へ出し、BとAを引っ張ります。つないで、大繩とびを作ります。これをつなげて大きな縄にしていきます。

進め方とコツ

●実際に高齢者の方が行うのは難しいですが、子どもたちとの交流の場で、作り方や遊び方、さらに昔の暮らしなどを教えてもらってみてはいかがですか!
また、遊び方や呼び方は各地域によってさまざまです。皆さんの地域ならではの遊び方が出てきたら、ぜひ教えてくださいね。

今回紹介したものほんの一例です。遊び方やルールはお使いいただく方の工夫しだいで広がります。

あそびの概要・準備

今は、何でもある時代。縄跳びや竹馬なども市販されています。昔はみんな自分で遊び道具を作っていました。物のない中でいろいろな工夫をして楽しむことにかけては、おじいちゃんおばあちゃんたちは大先輩です。今回は自転車のチューブを使って、昔なつかしい遊びを再現してみましょう。

自転車のチューブはタイヤの中に入っているものです。パンクするとチューブの部分を修理しますが、磨耗がひどく古くなったものを昔は切ってつないで、大縄跳びにして遊んでいました。さあ、みんなで遊んでみましょう!

<用意するもの>
・自転車のチューブ(自転車屋さんで譲ってもらいましょう)
・はさみ
・石鹸、洗剤(チューブを洗うため)

1.チューブを洗剤で汚れをおとします