かんま

空き缶を使って自分で遊び道具を作る!

あそびの特徴から似たあそびを探す

介護予防

2.ひもの長さ
だいたい、二つ缶の穴に通して、乗ったときに腰の位置にヒモがくる程度。 手に1〜2巻きして持つを安定するので長さは調整してみましょう。

3.ひもの通し方
ひもを通して、缶の裏で結ぶ。引っ張っても抜けないように、ひものはしは、大きい目で結びましょう。

 

進め方とコツ

1.はだしになり、親指を人差し指にヒモを挟んで、ヒモをしっかり持ち、ピンと張ます。

2.歩くときは、ヒモを引っ張り缶を引き上げて足を同時に持ち上げます。

3.足を下ろすときも、ヒモを軽く引っ張って、缶と足が離れないようにすることがポイントです。

●実際に高齢者の方が行うのは難しいですが、子どもたちとの交流の場で、作り方や遊び方、さらに昔の暮らしなどを教えてもらってみてはいかがですか!
また、遊び方や呼び方は各地域によってさまざまです。ぜひ皆さんの地域ならではの遊び方が出てきたら教えてください。

今回紹介したものほんの一例です。遊び方やルールはお使いいただく方の工夫しだいで広がります。

あそびの概要・準備

今は、何でもある時代。縄跳びや竹馬なども市販されています。昔はみんな自分で遊び道具を作っていました。物のない中でいろいろな工夫をして楽しむことにかけては、おじいちゃんおばあちゃんたちは大先輩です。空き缶を使って、昔なつかしい遊びを再現してみましょう。

足が乗るくらいの大きさの缶に穴を1つあけ、ヒモを通します。 穴をあける位置を決めたら、釘を当て、かなづちでたたいてあけます。左右、同じ位置にあけるようにして作ります。遊び方を聞いてみましょう!

<用意するもの>
・空き缶2コ(同じ大きさ、同じ高さがいいです)
・ひも(2メートルくらいを1本)
・太い釘
・かなづち

1.穴の開け方
足が乗るくらいの缶を選びます。
缶の縁から1〜2cmくらいのところに一箇所穴を空けます。
(自分が乗りやすい位置を探してネ)