秋の自然を楽しむ

虫の声を聞き、“秋の七草”を集めながらの楽しい散歩

あそびの特徴から似たあそびを探す

介護予防

ススキ、ナデシコ、クズ、ハギ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウ。身近な場所で見つかるものが多いのです。
外に出た思い出に、見つけた七草をちょっとだけもらってきて、押し花をつくってみてもいいでしょう。
その押し花をハガキのすみに貼りつけ、友達やお孫さんなどに秋の発見をわけてあげれば、散歩がいちだんと楽しくなります。

進め方とコツ

ワンポイントアドバイス

ススキやナデシコなど茎が太いものは、ナイフで縦に1/2にカット。クズやハギのような花が房状に集まるものは、裏側の花を取ってからプレスします。花びらが薄いキキョウは、半乾きのうちにピンセットを使って形を整えるといいでしょう。野生のフジバカマは激減中とのこと。採集はやめましょう。
ハガキに押し花を貼る際には、アイロンで接着のできるヒートシールや和紙フィルムが便利です。

あそびの概要・準備

朝夕の暑さがいくぶんか和らいできました。
夕方の散歩にはスズムシ(ルーリィンリィンリィン)、キリギリス(ギーチョン、ギーチョン)、クツワムシ(ガチャガチャガチャ)、クサヒバリ(フィリリリリ)、カネタタキ(チ、チ、チ)、エンマコオロギ(コロコロコロ)などの虫の声が楽しみになります。
そしてもう少し秋が深まった頃、“秋の七草”を集めに外に出てみてはいかがでしょうか。