どこまで通せる?(座位・立位)

ボールをゲートの間を遠くまで転がそう

あそびの特徴から似たあそびを探す

介護予防

ゲートはペットボトルなどを立てても大丈夫。5つのゲートを縦一列に並べ、適当な距離のところに投球ラインを設けます。

進め方とコツ

ゲートを倒さないようにボールを転がし、ゲートをいくつ通過できたかを競います。「もう少し左を狙って」「勢いが良すぎますよ」などアドバイスをしましょう。慣れるまでは、ゲートを倒しても通過すれば得点。

慣れてきたらゲートの広さや投球ラインからの距離を調節しましょう。最後にゴールラインを引いて、そこでピッタリ止まれば、ボーナス得点というのもおもしろいです。
座って行う場合も同じです。前傾姿勢でボールに手が届かない場合は、うちわでボールを押して転がしても可。  2人でも4、5人のグループでも楽しめます。前傾姿勢になる時は、立位・座位ともにバランスを崩しやすいので注意しましょう。

あそびの概要・準備

ボールを床の上に並んでいるゲートの間を通して、できるだけ遠くへ転がそうとする。狙いを定めて転がすことで集中力を引き出し、立位でやれば、上体を前方へ傾け・起こす動作による重心移動が、躯幹・立位バランスを向上させます。椅子に座って行えば、この動作が座位バランスの向上につながります。

バレーボールくらいの大きさのボールと、ゲートを5つ用意します。