スペース気にせず お手軽すごろく

ジャバラに折れば収納も封筒に納まるサイズで、サイコロを振りコマを進めるお手軽な遊び

あそびの特徴から似たあそびを探す

介護予防

<ポイント>
用紙は重ねずきちんと並べてセロハンテープで留めます。 重ねて留めてしまうと“じゃばら”(山折り谷折り)になりません。

2.間に入れる(置く)カードを作ります。
A4白色の用紙に「スタート」「ゴール」「一回休み」「3コマ戻る」などのテーマを書きます。

いろいろなものがあると楽しいですね

3.並べて(つなげて)完成!
あとはスペースに応じて用紙を組み合わせます。最後に、<2>のカードを配置したら完成です。

※縦につなげる場合はA4の用紙を置き、上手につなげましょう。

■注 意:<2>のカードを配置するときは、「5つ戻す」などでの他のカードに重ならないように確認しながら設定して下さい。

<ポイント>
*配置については、外れないように用紙の接続部分を何カ所かテープ留めるだけで大丈夫です。
*終わったら、ジャバラに折り畳んで、封筒に収納できます。

工夫次第で自由自在!

○工 夫:12枚や8枚など長いものは、施設のスペースによって折り返して短くして配置したりし、3枚と4枚の短いものを何枚か作っておいて置いて長く配置することもできます。空間を有効に使うことをお薦めします。

コマは何でもOK!

空いたペットボトルに色水を作っていれたり、色画用紙を筒状にしてホチキスで止めたり・・・・身近にあるものを活用してください。

あそびの概要・準備

“すごろく”は、お正月や新年会など、施設でも恒例ですね。サイコロを振りコマを進めるのでいろいろな方が気軽に楽しむ素材でもあります。

<簡単すごろく>の作り方をご紹介

用意するもの
コピー用紙(白とその他色のついたもの)適量、セロテープ、マジック、サイコロ(1辺18㎝がお薦めです)、コマになるもの(何でもいい)


一辺18cmのものがお薦め

1.A4の用紙をセロハンテープで貼ります。
白色が隣にならないように間に色用紙をいれましょう。10枚、8枚、5枚、3枚など長さを変えて、3枚ずつくらい作ります。


白色が重ならないようにします。