グループ射的

楽しみやすい道具(スマイル射的)を使ったグループでの遊び

あそびの特徴から似たあそびを探す

介護予防

また、だるまやひょっとこ、恵比寿、こづち、般若などの絵柄も縁日の懐かしさを演出してくれます。的の構造もシンプルで、本体を傾ければすぐに的が復帰して、ゲームの展開がとぎれないのも利点。
さらに絵的はラミネート加工なので、カードの裏水性ペンで得点を書いたり消したりするのも便利です。

進め方とコツ

2グループに分かれて1人3発撃つ。
距離をのばしていきながら3回戦行ない、グループでの合計で勝敗を決めます。

◆1回戦・・・・1mに挑戦!
1.1人ずつ前へ出る。
2.輪ゴムをセットしたら「セーノ」で撃つ。
3回繰り返す。*進め方のポイントAを参照
3.個人結果を発表し、次の人に交代する。
*進め方のポイントD-[1]を参照
4.グループの結果を発表する。
*進め方のポイントD-[2]を参照

◆2回戦・・・・1.5mに挑戦!
1.的を1.5mに設定。
2.進め方は1mと同じ。
*全員が声を出す取り組みを始める。
*進め方のポイントBを参照

◆3回戦・・・・・2mに挑戦!
1.的を2mに設定
2.ルールを説明
[1] 撃つ前に、倒す的を宣言
[2] 宣言した的を倒したら2倍の得点。違う的を倒したらそのままの得点
[3] 進め方はこれまでと同じ*グループの応援も楽しむ。
*進め方のポイントCを参照
[4] ゲームの途中で途中結果を発表
*進め方のポイントD-[3]を参照
[5] 最終結果を発表
*進め方のポイントD-[4]を参照

進め方のポイント

A:撃つタイミングを知らせる
<「セーノ」の合図で撃つ>
◎効果:撃ちやすくなる。楽しみやすくなる。まわりも利用者もゲームに集中する。
◆実際:リーダー「セーノ」の合図で代表が撃つ。
※コツ:その約束を最初に説明する。

B:全員が一緒に声を出す
<「セーノ」の合図で"バン"とかけ声>
◎効果:仲間意識が育まれる。応援しやすい雰囲気がつくられる。
◆実際: リーダーの「セーノ」の合図の後に、利用者が“バン”と声を出す。
※コツ:取り組む前には、3回程度繰り返し練習する。

※テンポを引き出すためには、援助者自身が声にメリハリをつけたり、勢いをつけるなどの工夫を!

C:応援する
<「セーノ」の合図に合わせて応援コール>
◎効果:一体感が高まる。グループ意識が生まれる。
◆実際:代表者が的を宣言した後、3回程度その的を連続してコールする。
(例えば、「だるま」なら、リーダーの「セーノ」の合図の後に、メンバーが「だるま、だるま、だるま」と3回コール)
※コツ:結果がよければ応援コースの成果だと伝える。練習を忘れずに!

D:結果の共有
[1] 個人結果
1人3発撃ち終わった時点で、個人結果を発表する。
⇒達成感
[2] グループ結果
1回戦(1m)、2回戦(1.5m)が終わった時点で、グループの結果を発表。
⇒グループ意識
[3] 途中結果
3回戦(2m)の中盤から終盤にかけて、途中結果を確認。(状況に応じてボーナス点などのアレンジをする)
⇒集中力の持続
[4] 最終結果
結果を発表し、それぞれ「セーノ」の合図で、勝ったグループはバンザイ、負けたグループは拍手をする。
⇒グループでの達成感、次回への期待感

あそびの概要・準備

縁日の定番である射的の遊び方を、生きがいデイでも楽しみやすくバージョンアップ。 利用者の多くは子どもの頃に遊んだ経験もあり、取り組みやすい素材です。とくに、高齢者の男性が 楽しめる素材が少ないなかで、男性が興味をもって活躍できる遊びでもあります。
射的は従来、個人で楽しむ遊びですが、今回は、楽しみやすい道具(スマイル射的)を使い、グループで楽しむ方法をご紹介します。単純にグループの合計得点で勝敗が決まるという方法だけではなく、自分が「宣言した的」を倒せばボーナス点が加算されるという演出の工夫や、グループの声援を誘発することで、グループメンバーとの一体感や仲間意識が高まったり、代表者が仲間の応援を受けて"やる気"を出すなど、グループゲームならではの楽しさや効果が期待できます。また、このゲームのリードの仕方や演出方法は、輪投げや、的当てなど、普段の集団ゲームにおいても応用ができるでしょう。

◎商品名:スマイル射的
スマイル射的

・的本体:(縦11cm、横57cm、高さ18cm、重さ1.4kg)2台
・輪ゴムピストル:<長さ40cm、重さ80g>2丁
・注意:輪ゴムは付属品ではありません。一般に市販させているものをご利用ください。
この商品を購入する

縁日でよく遊んだ射的をゲーム化した商品です。使うピストルは、子どもの頃に自作した"割り箸鉄砲"に似ているので、懐かしさを覚える利用者も多いはずです。引き金を引くと輪ゴムが勢いよく飛んで行き、的に当たると「パタン!」と倒れる感覚が楽しく、男性の利用者もついつい夢中になってしまいます。