心地よい汗と笑顔を引き出す"かがみ体操"

体操を楽しみながら主人公への第一歩を踏み出す

あそびの特徴から似たあそびを探す

介護予防

★ 1、2、3、4と声を出してリズムを刻みます。ゆったりした4拍子の歌(唱歌、ご当地ソング、歌謡曲等)などをBGM風に活用することもお勧めです。

3.腰かけたりと休憩を兼ねながら、前(正面)にたち左右の手の動きを指示する人を選びます。
★ 2人程度選びます(遊びの効果一口メモ参照)。

4.前に2人のお年寄りが並んで立ちます(座っても可)。左側のお年寄りは、左手を上下左右好きなように伸ばします。右側のお年寄りは右手を上下左右好きなように伸ばします。
★ 前に立つ2人のお年寄りには、上記2.と同じ拍子で担当の手を伸ばすように説明します。
★ 2人をまねるお年寄りには、向かって右側の前に立っている人の手のうごきを右手でまねし、左側に立っている人の手を左手でまねするよう、世話人が見本を見せながら説明します。
★ 世話人の1人は前に立つお年寄りのサポートをします。他の世話人は、フロアーのお年寄りと一緒に鏡体操を楽しみながら、「こんがらがっちゃった!」、「できた!」、「前の○○さんもこんがらがってましたね!」など笑いながらの声がけを積極的に行い、お年寄りから笑顔が出やすい場の雰囲気づくりをします。

5.上記3〜4を、前に立つ2人を交代しながら2〜3順ほど繰り返します。

こんな風に使ってみたらどうでしょう

鏡体操は、お年寄りが主体性を発揮しやすい健康体操のプログラムとしてもお勧めです。まずは、ラジオ体操、みんなの体操、簡単なヨガなどをみんなで楽しむ。そして、その中に含まれている気持の良い動作や面白い動作をグループで組み立てオリジナルの健康体操をつくる。さらに、グループごとにオリジナル体操を発表し、それを鏡体操の要領で他のグループのお年寄りが真似する。こんな取り組みを1〜3カ月ぐらいの長い時間をかけゆったりと楽しんでいくことで、健康体操の時間がひと味もふた味も違ったものになること請け合いです。

遊びの一口メモ

前で動作を指示するお年寄りを選ぶ時間は、互いの理解を深めるよいきっかけとなります。誕生月の人、年齢、好みの食べ物、趣味などお年寄り同士の相互理解を促すようなキーワードを使い積極的に取り組まれることをお勧めします。例えば、○○と××と△△今食べたいのはどれ?などの質問に挙手で応えてもらったのち、○○派のグループでジャンケンをして2人を選ぶ、というゲーム風の方法もあります。

あそびの概要・準備

お年寄りが主体性を発揮するはじめの一歩を踏み出すことを、心地よい汗と笑顔で後押しする"鏡体操"。運動不足になりがちな梅雨時にもピッタリの遊びです。

進め方とコツ

1.両手を前後左右に広げて隣の人とぶつからない広さに広がり、正面を向きます。

2.前(正面)に立っている世話人(指導員、ボランティア≒読者の皆さん)が演じる基本の動作を、鏡で映すようにまねて楽しみます。(8つの動作=4拍子×8回楽しみます)
★ 基本は4拍子。1拍につき右左1回ずつの足踏みをします。
★ 最初の8拍程度はリズムにあわせて足踏みをし、だいたい足並みが揃ったところで、次の4拍から手の動作を行います。
★ 1拍目でイラストのような動作を行い、4拍足踏みを続けます。そして、次の1拍子目で異なる動作をします。
★ 4拍ごとに動作をかえるときは、世話人は一度手を腰の位置などに戻してから(3拍目)、大きな動作で次の手の動きを見せます。また、言葉でも動きを伝えます。