手の輪くぐり

知恵の輪のように2人で協力して手の輪をくぐります。

あそびの特徴から似たあそびを探す

子ども・親子

3.、そのまま背中あわせになり、手を離さないようにして再び元の状態に戻ります。

ポイント&アレンジ

●1人でも両手で輪をつくり、またいで楽しむことができます。
●2人の手を離さないことで、協力する大切さを体感できます。
●レベル上げとして、お互いの手首を持ってもできるか挑戦してみましょう。
●「なべなべそこぬけ」の応用として楽しめます。
●難易度(低→高)は「くぐる→またぐ」「1人→2人→多数」のように 低く始めて、徐々に高くすることができます。

●展開例として、各チームのリーダー1名を除いた数名で輪をつくり、またいだり、くぐったりして知恵の輪を作る方法もあります。チームで相談して、知恵の輪をもとに戻します。

あそびの概要・準備

1.2人で向かい合い、お互いの手をとります。

2.手を離さないようにして、2人ともつないでいる手を順にまたぎます。