手のひらパンチ

拳をにぎり、相手の手のひらを目がけてたたきます。手のひらに命中させるコントロールと、たたく力加減を楽しみます。

あそびの特徴から似たあそびを探す

子ども・親子

ポイント&アレンジ

●導入段階では、手のひらタッチで楽しみます。右手→左手→両手と、徐々に難易度を上げます。
●足を肩幅に開き、腰を少し落とすと体が安定します。足幅を広くしたり狭くしたりして、バランス感覚の変化も楽しみましょう。
●体力的に同じくらいの相手と行うとよいでしょう。
●力試しが楽しめます。たたかれる側は、打たれる瞬間に少し手を引くとよいでしょう。たたく側は、手のひらをしっかり狙います。間違って相手の顔などをたたかないように注意が必要です。
●たたかれる側が、手のひらを動かしても楽しめます(上、下、横、斜め、など)。
●たたかれる側がグーで待ち、たたく側がパーをかぶせるというやり方でも楽しめます。
●親子で行う場合、親がたたかれる側となる場合は、手の位置を上下に動かし、子どもをしゃがませたりジャンプさせたりしましょう。
●「笛が鳴ったら、20回連打で終了」などと決めると、遊びの終わりが明確になります。

あそびの概要・準備

1.2人で40cm~60cmくらい離れて、向かい合います。ジャンケンで負けた人は、相手の拳を受けるように手のひらを構えます。

2.勝った人は拳をにぎり、ボクシングのように相手の手のひらをたたきます。一定時間続けます。