ジャンプジャンケン

リズムを取り、ジャンプを続けながらジャンケンを行います。しゃがんでジャンプするのは意外に難しいものです。

あそびの特徴から似たあそびを探す

子ども・親子

ポイント&アレンジ

●ジャンプのリズムと声のリズムを一定にします。
●「ジャンケン」の合図で軽く2回リズムをとりながら前進し、「ポイ」でしっかり跳びましょう。
●前後、左右に飛ぶなど、飛び方のアレンジが可能です。あいこの時は、ジャンプして、ハイタッチを行うのも良いでしょう。

●持久力によい運動。徐々に時間を延ばしてみましょう。
●定期的に組を変える工夫も必要です。音楽をかけながら、3回やったら交代、等。
●「座っている子は、立てるようにがんばって」など、立っている方に魅力を感じさせ、負けている子どものチャレンジする気持ちを高める声がけをしましょう。

あそびの概要・準備

1.二人で向かい合い、お互い軽くジャンプしながらジャンケンをします。

2.負けるとしゃがんでジャンプします。勝つと立ったままジャンプします。勝負のたびに負けたらしゃがんでジャンプします。これを一定時間続けます。

※最初は、みんなで同じリズムで行い、やり方がわかったら、それぞれの組ごとに行います。