片足相撲

ケンケンでバランスを取りながら、相手と押し合います。押しすぎて自分のバランスを崩さないようにしましょう。

あそびの特徴から似たあそびを探す

子ども・親子

ポイント&アレンジ

●腕を組んでバランスが取れる年齢は4歳ぐらい、片足ケンケンは5歳ぐらいから行えます。
●手の押し合いや肩(左右)、横向き(左右)など、いろんな友だちとチャレンジ。但し、顔にぶつからないように配慮が必要です。
●右手で右足を持って左手だけを使うように行うと、難易度が上がります(逆手も可)。
●「関所やぶり」や、サークル(土俵)をつくって、サークルから出たら負けなどのルールを設けて実施しても楽しめます。
●背後の安全管理に配慮します。壁の近くは危険なので、中央に集めて行います。
●高齢者の場合、ケンケンを行わず手を胸の前で押し合ったり、「ケンケンパ(昔あそび)」など難易度を下げて行います。

あそびの概要・準備

1. それぞれが両腕を組んで向かい合います。

2. 片足でケンケンしながら、相手と押し合います。