背中ぴったり

背中あわせになり、お互いのバランスを取りながら、同時に立ったり座ったりを繰り返します。

あそびの特徴から似たあそびを探す

子ども・親子

ポイント&アレンジ

●ボールの弾み方に強弱を付けましょう。強くついたら大きく弾む、弱くついたら小さくはずむなど。
●4-5歳児でも十分楽しめます。親子のスキンシップやふれあいづくりの場合は右記の展開例を参考にしてください。
●3歳児や未満児は、イメージを見せましょう。「今から、このボールに変身するよ!」等の言葉をかけて動きの見本を同時に行います。
●高齢者は、ボール役の人が椅子に座り、両足を伸ばして、足をボールの役割にします。ボールを付く人も、少し膝をかがめて突く動作を行います(腹筋運動や大腿四頭筋のトレーニングになる)。

あそびの概要・準備

1. 2人で背中あわせになり腕を組み、お互い寄りかかりながら足を少し離します。

2. 寄りかかったままゆっくりしゃがみお尻を下につけます。

3. そのまま足を伸ばし、足を戻して再び立ち上がって元の姿勢に戻ります。