サイコロ(ダイス)

今回は、100円ショップで買えるキッチン用具を使ったあそびを紹介します。

あそびの特徴から似たあそびを探す

子ども・親子介護予防

★遊び方2 「スポンジツリー」

積み上げる緊張感がたまらない!

ルール

スポンジを12個用意し、3分間で何点分積み上げられるか挑戦します。得点は、図の通り。崩れても音がせず、しかも安全なので福祉施設でもおすすめです。

盛り上げポイント

●上手く積み上げることができたとき、集中しているとき、積み上げているときの腕の動きなどをほめましょう。

遊びの効果

スポンジを積み上げていくことにより、高い位置で上肢を使うようになります(身体機能、調整力を鍛える)。

★遊び方3 「しりとりリレー」

キッチンタイマーがいつ鳴るかドキドキワクワク!

ルール

2つの机の間に、7人ずつくらいで2列になって座ります。一方の机に、新聞紙を丸めた筒とフードカバー(食卓を守るカバー)を置き、反対側の机に紙風船を置きます。筒とフードカバーの机に近い人同士でジャンケンし、勝った方が筒、負けた方がフードカバーをとって後方に送り、先に筒で紙風船をたたけるか、その前にフードカバーで紙風船を守れるか競います。

盛り上げポイント

●1回戦ごとに作戦会議の時間をつくり、早く送るための工夫を話し合ってもらいましょう。
●先頭を変えたり、送る方向を逆にしたりしながら行いましょう。

遊びの効果

グループで協力して記録に挑戦することで、仲間意識が芽生えます(コミュニケーションの促進)。

★遊び方4 「たたいて! まもって!」

フードカバーが大活躍!

ルール

2つの机の間に、7人ずつくらいで2列になって座ります。一方の机に、新聞紙を丸めた筒とフードカバー(食卓を守るカバー)を置き、反対側の机に紙風船を置きます。筒とフードカバーの机に近い人同士でジャンケンし、勝った方が筒、負けた方がフードカバーをとって後方に送り、先に筒で紙風船をたたけるか、その前にフードカバーで紙風船を守れるか競います。

盛り上げポイント

●1回戦ごとに作戦会議の時間をつくり、早く送るための工夫を話し合ってもらいましょう。
●先頭を変えたり、送る方向を逆にしたりしながら行いましょう。

遊びの効果

グループ一丸となることで自分もグループで役に立てるという安心感を得ることができます(ココロの安定【安心感、一体感】)。

あそびの概要・準備

今回は、100円ショップで買えるキッチン用具を使ったあそびを紹介します。

必要な用具について

・キッチン用具

おすすめプログラム

この順番で遊ぶと、スムーズに進行できます。
1.まず、動きに慣れていただくために、
こちらの遊び方で楽しみます。
遊び方1「キッチンペーパー染物」または 
遊び方2「スポンジツリー」
2.慣れてきたら、こちらの難易度を上げた
遊び方に挑戦。
遊び方3「しりとりリレー」または遊び方4「たたいて! まもって!」

★遊び方1
「キッチンペーパー染物」

どんな模様ができるかは、開いてからのお楽しみ

ルール

紙ボウルに、アクリル絵の具と少量の水を入れて溶いたものを、4色分作ります。キッチンペーパーを縦横2回ずつ折り、ゴム手袋をして4隅に色をつけ、乾いたあとにゆっくりと開いたら完成!

盛り上げポイント

●慣れてきたら、キッチンペーパーの折り方を変えて楽しんでみましょう。
●輪ゴムでキッチンペーパーに絞りを作って色をつけても、味のある作品ができあがります。

遊びの効果

世界に一つしかないオリジナルの作品が完成します(自信や意欲の獲得)。