サイコロ(ダイス)

日常生活で大活躍しているレジ袋、あそびでも大活躍してもらいましょう!!

あそびの特徴から似たあそびを探す

子ども・親子介護予防

★遊び方2 「レジ袋投げ」

飛距離に挑戦!

ルール

レジ袋1枚を用意し、袋を細くしごきます。それを槍投げのように投げ、どれだけ遠くに投げられるか挑戦します。

盛り上げポイント

●慣れてきたら、投げたレジ袋を自分でキャッチする、ゴルフのように何投で目的の場所まで投げられるか競うなど、バリエーションを変えても楽しめます。

遊びの効果

投げる動作のとき、体を大きく使います(身体機能、調整力を鍛える)。

★遊び方3 「ズバリ当てましょう」

重さはいったい何グラム?

ルール

支援者がレジ袋の中に果物や人形など身近なものを入れ、みんなはグループで話し合いながらそれが何グラムか当てていきます。ピッタリでない場合は、近い重さのグループの勝ちになります。

盛り上げポイント

●まずは、1個から始めて徐々に入れる個数を増やしていきましょう。答え合わせをするときは、1の位から発表していくとドキドキ感が高まります。

遊びの効果

自分の持っている知識を披露しながら、重さを話し合うことで心がうちとけていきます
(コミュニケーションの促進)。

★遊び方4 「レジ袋・ザ・キャッチ」

何回キャッチできるかな?

ルール

2人組になり、それぞれが自分の真上にレジ袋を投げたら、相手の投げたレジ袋を落ちる前にキャッチします。

盛り上げポイント

●一体感、安心感を作りやすいレクの技術「せーの」の合図をしっかり行いましょう。
●6人で輪になって行うなど徐々に人数を増やしていき、コミュニケーションの輪を広げましょう。

遊びの効果

2人の呼吸を合わせることで同時に動作が行えます(ココロの安定【安心感、一体感】)。

あそびの概要・準備

日常生活で大活躍しているレジ袋、あそびでも大活躍してもらいましょう!!

必要な用具について

・レジ袋

おすすめプログラム

この順番で遊ぶと、スムーズに進行できます。
1.まず、動きに慣れていただくために、
こちらの遊び方で楽しみます。
遊び方1「素早く拍手」または 
遊び方2「レジ袋投げ」
2.慣れてきたら、こちらの難易度を上げた
遊び方に挑戦。
遊び方3「ズバリ当てましょう」または遊び方4「レジ袋・ザ・キャッチ」

★遊び方1
「素早く拍手」

いくつ拍手できるかな?

ルール

レジ袋を1枚用意します。それを上に投げ、落ちてくる間に何回拍手できるか挑戦します。

盛り上げポイント

●レジ袋に空気を入れると、落ちるスピードがゆるやかになります。対象者に合わせて指示をしましょう。
●落ちてくる間にレジ袋の中に手を入れられるか、持ち手部分に指を入れられるかなど、バリエーションを変えても楽しめます。

遊びの効果

回数を重ねることで、拍手の回数も増えていくことを楽しみます(自信や意欲の獲得)。