サイコロ(ダイス)

まるで手品のように、たった一枚のシーツからいくつもの遊びが生まれます。

あそびの特徴から似たあそびを探す

子ども・親子介護予防

★遊び方2 「シーツキャッチ」

上半身の運動に最適です!

ルール

縦60cm横1mに切ったシーツを2枚用意し、2人で1枚を持ちます。シーツの上にビーチボールをのせ、お互いのシーツに飛ばしたり、キャッチしたりして楽しみます。

盛り上げポイント

●慣れてきたらボールを2個にして、お互い同時に飛ばしたボールをそれぞれキャッチするようにしてみましょう。
●チーム戦にして、どのチームが1分間で一番多くキャッチできるか競っても盛り上がります。

遊びの効果

上肢を大きく使うことができます(身体機能、調整力を鍛える)。

★遊び方3 「シーツサッカー」

息を合わせることが、成功の秘訣!

ルール

真ん中に線を引いたシーツとビーチボールを用意し、2チームに分かれてシーツを持ちます。ビーチボールが投げ入れられたら、参加者は相手チームの陣地にボールを送り、そこでボールを落とすことができれば得点がもらえます。

盛り上げポイント

●ビーチボールが動き過ぎる場合は、少し空気を抜きましょう。対象者に合わせて他のボールを使ってもOK。風船でも楽しめます。

遊びの効果

グループで考えるので、意思を伝えやすい環境ができます
(コミュニケーションの促進)。

★遊び方4 「シーツバルーン」

みんなで心をひとつに。

ルール

大きな円形のシーツ(例:シーツを2枚つなぎ合わせて円形に切ったものなど)をみんなで持ち、同じタイミングで上に上げ、そのまま円の中心に集まります。全員のタイミングが合うと、バルーンのように膨らみます。

盛り上げポイント

●体育館で行うときは、シーツを上に上げたときに全員が手をはなすと、気球のような感じで空高く舞い上がります。シーツに絵を描いたり塗ったりするのもおすすめ。

遊びの効果

みんなで声を出すので、間違ったり注目されたりすることなく安心して楽しめます(ココロの安定【安心感、一体感】)。

あそびの概要・準備

まるで手品のように、たった一枚のシーツからいくつもの遊びが生まれます。

必要な用具について

・シーツ

おすすめプログラム

この順番で遊ぶと、スムーズに進行できます。
1.まず、動きに慣れていただくために、
こちらの遊び方で楽しみます。
遊び方1「シーツ大脱出」または 
遊び方2「シーツキャッチ」
2.慣れてきたら、こちらの難易度を上げた
遊び方に挑戦。
遊び方3「シーツサッカー」または遊び方4「シーツバルーン」

★遊び方1
「シーツ大脱出」

何秒で、ボールを穴に全部落とせるかな?

ルール

数カ所に穴をあけたシーツと、さまざまなボール(お手玉、ぬいぐるみなどでも可)を用意します。ボールをのせたシーツを何人かで持ち、ボールをシーツの穴に何秒で落とせるかを楽しみます。

盛り上げポイント

●穴は大小2〜3個くらいにして、大きい穴は一番大きいボールがぎりぎり通るくらいの穴にしましょう。
●チームが2つ以上できれば、対戦も盛り上がります。

遊びの効果

グループで楽しむので、自分も役に立っていると思えるようになります(自信や意欲の獲得)。