サイコロ(ダイス)

段ボールは、工夫次第で形をいろいろと変えることができます。
だから、遊ぶ方法もいろいろあるんです!

あそびの特徴から似たあそびを探す

子ども・親子介護予防

★遊び方2 「段ボール空気砲」

自然と腕が大きく動く

ルール

高さ20cmくらいで固めの段ボール箱を用意し、ガムテープでしっかり組み立てます。側面部分1カ所に直径15cm程度の丸穴を開けたら完成。箱の両側を手のひらで「ポン!」と叩くと空気砲が飛び出します。1メートル先に的を用意し、倒せるか挑戦してみましょう。

盛り上げポイント

●腕の関節可動域を広げるのに良いメニューです。空気砲を強く出そうと腕を大きく動かす方が出てくるので、腕の使い方を褒めましょう。
●線香の煙を段ボール内にためてから叩くと、空気砲が目に見えるようになります。

遊びの効果

腕を大きく動かすので、腕の関節可動域を広げることができます(身体機能、調整力を鍛える)。

★遊び方3 「ブロックボール」

作戦を立てて、相手チームに勝とう!

ルール

大きさの異なる段ボール箱を5個用意し、上面に点数を書きます(上面の面積が小さいほど、点数は高く)。段ボール箱を1カ所に集めて置き、底辺をテープで固定。それらを囲むように座り、2チームに分かれてお手玉を1人2回ずつ投げ、チームで何点取れるか競います。段ボールの上に乗っている相手チームのお手玉を落とすことも可能です。

盛り上げポイント

●段ボール全てに乗せることができたら、ボーナス点として100点を加算しましょう。
●チームで作戦会議をする時間を作ると、コミュニケーションの促進につながります。

遊びの効果

グループで協力してお手玉を投げることができます
(コミュニケーションの促進)。

★遊び方4 「段ボールアート」

段ボールが素敵なアートに大変身

ルール

段ボールに◯と△を描き、その線を段ボールを貫通させないように気をつけながらカッターで切ります。段ボールの表面だけを剥がすと、段ボールのギザギザ部分が登場。素敵なアートの出来上がりです。

盛り上げポイント

●まずは、◯と△のような簡単なデザインから始め、慣れてきたら複雑なデザインや自由なデザインに挑戦していきましょう。

遊びの効果

思いがけない作品が完成する喜びを得ることが
できます(ココロの安定【安心感、一体感】)。

あそびの概要・準備

段ボールは、工夫次第で形をいろいろと変えることができます。
だから、遊ぶ方法もいろいろあるんです!

必要な用具について

・段ボール

おすすめプログラム

この順番で遊ぶと、スムーズに進行できます。
1.まず、動きに慣れていただくために、
こちらの遊び方で楽しみます。
遊び方1「段ボール迷路」または 
遊び方2「段ボール空気砲」
2.慣れてきたら、こちらの難易度を上げた
遊び方に挑戦。
遊び方3「ブロックボール」または遊び方4「段ボールアート」

★遊び方1
「段ボール迷路」

ゴールしたときの達成感がたまらない!

ルール

A4サイズくらいの段ボール箱を5cmくらいの高さに切り、側面にスタートとゴールの穴を作ります。2つの穴がつながるように、内側に迷路となる壁を自由に作成(ボンドで接着)。段ボールを傾けてビー玉を転がし、何分でゴールにたどり着けるか挑戦します。

盛り上げポイント

●ビー玉の数を増やす、途中に落とし穴を作る、2人組で行うなどのアレンジを加えると、難易度が上がります。

遊びの効果

人と一緒に楽しむことで、楽しさを分かち合うことができます(自信や意欲の獲得)。