チュックボール

あそびの特徴から似たあそびを探す

子ども・親子介護予防

カードは32種類の野菜を、似たもの同士8種類に分類。 
例えば「ねぎ類」には、ねぎ、にら、らっきょう、たまねぎがあります。 

必要な用具について

・野菜カード

用具の詳細・購入ページを見る

あそびの概要・準備

普段何気なく食べている野菜が、どんな花を咲かせているか? 意外と知らない野菜のこと、遊びながら学べます! 
八百屋さんやスーパーなどで売られている野菜の「実」は知っていても、それらがどんな「花」を咲かせるか、知っていますか? 
「野菜カード」では、トランプのような13種類のゲームを楽しみながら、野菜への興味と知識を育むカードゲームです。 
ハクサイやダイコン、サツマイモ、トマトなど、野菜とその花の札が32枚ずつと、野菜を食べる害虫のカード(ジョーカー)1枚で構成されています。カードをズラリと並べる「八百屋」(トランプでいう「七並べ」)は、なんだか本当に八百屋さんのよう!遊びをきっかけにして、野菜や自然への関心を育んでもらえればと思います。