サイコロ(ダイス)

パーティーなどでの盛り上げアイテムとして大活躍の紙テープ。
果たして、どんなあそび方があるのでしょうか?

あそびの特徴から似たあそびを探す

子ども・親子介護予防

★遊び方2 「足紙テープ送り」

渡す人、受け取る人の連携が大切!

ルール

70㎝位のテープで輪を2つ作ります。A、Bチーム(各4〜6人ずつ)に分かれ、足だけを使ってどちらが早く輪をリレーできるかを競います。

盛り上げポイント

●最初は、3人程度で輪を回し合い、足のウォーミングアップをしましょう。
●リレーする方向を変えながら行うと、両足をバランスよく刺激することができます。

遊びの効果

下肢を使うことにより、バランス感覚を養い、可動域を広げる効果があります(身体機能 調整力を鍛える)。

★遊び方3 「しっぽとり」

一番多く集めるのは誰⁉

ルール

50㎝程度の紙テープ(しっぽ)を人数分用意。ズボン上部に紙テープの端を挟み、「スタート」の合図で、みんなのしっぽを取り合います。しっぽを取られてしまったらアウトです。

盛り上げポイント

●2チームに分かれて、相手のしっぽを何本取れたか競うのも面白いです。
●高齢者の場合はテープを手に持ち、「じゃんけんに勝ったら相手からもらえる」というやり方がおすすめです。

遊びの効果

逃げたり追いかけたりすることにより、仲間意識が養われます(コミュニケーションの促進)。

★遊び方4 「紙テープ回し」

力を合わせてベストタイムを狙おう!

ルール

6人程度で円形に座り、グループ一周分の長さの「テープの輪っか」を作ったらゲームスタート。結び目を、何秒で3周させられるかに挑戦します。徐々にタイムが上がるよう、3回ほどチャレンジしましょう。

盛り上げポイント

●1回戦目はすぐに始め、2回戦目から作戦会議の時間を作りましょう。
●3回戦に向けた作戦会議では、目指すタイムを発表させると、より意欲が高まり、成功したときの喜びが大きくなります。

遊びの効果

チームの団結力、結束力が自然と生まれてきます(ココロの安定【安心感、一体感】)。

あそびの概要・準備

パーティーなどでの盛り上げアイテムとして大活躍の紙テープ。
果たして、どんなあそび方があるのでしょうか?

必要な用具について

・紙テープ

おすすめプログラム

この順番で遊ぶと、スムーズに進行できます。
1.まず、紙テープの使い方に慣れていただ  くために、こちらの遊び方で楽しみます。
遊び方1「テープ ザ リフト」または 
遊び方2「足紙テープ送り」
2.慣れてきたら、こちらの難易度を上げた
遊び方に挑戦。
遊び方3「しっぽとり」または 
遊び方4「紙テープ回し」

★遊び方1
「テープ ザ リフト」

落とさないように、そーっとそーっと

ルール

紙テープ1m×3本、紙皿1枚、ペットボトル1本を用意。テープをバランスよく重ねた上に、紙皿とペットボトルを置きます。6人で1つずつテープの端を持ち、タイミングを合わせてペットボトルを持ち上げられるかに挑戦します。

盛り上げポイント

●掛け声を掛け合い、団結しているグループを褒めます。
●ペットボトルに水を入れ重くしたり、持ち上げたら指定の場所まで運んだりと、難易度を上げましょう。

遊びの効果

チームワークを養いながら、チームの一員としての役割を実感します。自信がついて達成感も得られます(自信や意欲の獲得)。