もうまけないぞう(タオル掛け)

中越地震の際、新潟県の山古志で復興への誓いのシンボルとして生まれました。頭の「面綱(おもつな)」は、山古志の伝統行事「闘牛」がモチーフです。

あそびの特徴から似たあそびを探す

子ども・親子

作り方 ↓をクリックすると拡大します

あそびの概要・準備

①タオルを半分に折って、斜線部分が正三角形になるように中央を絞りながら端から端まで縫う。さらにA側1枚のみを絞りながら縫う。
②Bの下の部分を手前に折り、次に三角に折る。その両端から中心にグルグル巻いていき、根元をゴムで留めて縫う。
③表に返したら、Aで縫い絞った部分と同じ位置に印をつけて(イラストでは★の位置)、そこをつまむようにして☆に重ねて縫い合わせる。
④再び裏返し、あまった布を寄せ集めて押し込み、◉と◎を縫い合わせる。
⑤顔の輪郭を整えるようにして、一周をまつり縫いでとじる。
⑥後頭部を押し込み顔の前面が膨らむようにしたら、紐を挟み込み縫い合わせる。表に返して、目を縫い付ける。頭の上に面綱を付ける。
⑦タオルの両端を中心に折り込み、顔のところまでクルクルとできるだけきつく巻く。巻いたものを2つに折ってくっつけ、内側をしっかり縫う。
⑧リングを挟むようにして後頭部と背中をしっかりと縫い合わせる。

必要な用具について

・タオル(80〜90cm位のもの)
・針と糸
・プラスチックのリング
・目(ボタンなど)

★もっと楽しむ!

表裏の色が違う折り紙で作ると、もっと楽しくなるよ!