サイコロ(ダイス)

出た目の数字だけでなく、立方体というカタチも活かして遊べるサイコロ。
大きさや素材を変えたり、数を増やしたりすることで、遊びの幅も広がります。

あそびの特徴から似たあそびを探す

子ども・親子介護予防

★遊び方2 「サイコロ卓球」

予想どおりに転がらない意外性が楽しい!

ルール

チーム対抗戦(1チーム5人程度)で行います。ラケット(ダンボールを縦7㎝横13㎝に切ったもの)とサイコロ(10㎝位の布製)を用意し、テーブルの上でサイコロを打ち合い、相手が返せなかったら出た目の数が得点になります。1試合3分間で、どちらのチームが多く点数をとれるかを楽しみます。

盛り上げポイント

●サイコロの代わりにいろいろなボールで楽しむのも面白いです。

遊びの効果

どこに転がるか分からない意外性が面白く、スピード感がそれほど高まらないので思いっきり打ち合うことが出来ます(身体機能、調整力を鍛える)。

★遊び方3 「サイコロ計算」

サイコロで脳のトレーニング!

ルール

2人組になり、1人1個サイコロを持ちます。「たし算」などお題を決めたら「せーの」でサイコロを振ります。出た目の合計数を2人で一斉に答え、正解がぴったり合うことに挑戦します。

盛り上げポイント

●慣れてきたら3人4人と増やしていくと楽しいです。
●引き算(大きい数字から引く)、かけ算などのバリエーションも楽しいです。

遊びの効果

瞬時に計算することにより、出る目に集中しながら呼吸をそろえて声を出すことができます(コミュニケーションの促進)。

★遊び方4 「競馬すごろく」

ゴールするまでのお題を楽しもう!

ルール

チーム対抗戦(1チーム5人程度)で行います。ラケット(ダンボールを縦7㎝横13㎝に切ったもの)とサイコロ(10㎝位の布製)を用意し、テーブルの上でサイコロを打ち合い、相手が返せなかったら出た目の数が得点になります。1試合3分間で、どちらのチームが多く点数をとれるかを楽しみます。

盛り上げポイント

●サイコロの代わりにいろいろなボールで楽しむのも面白いです。

遊びの効果

チームの団結力、結束力が自然と生まれてきます(ココロの安定【安心感、一体感】)。

あそびの概要・準備

出た目の数字だけでなく、立方体というカタチも活かして遊べるサイコロ。
大きさや素材を変えたり、数を増やしたりすることで、遊びの幅も広がります。

必要な用具について

・サイコロ(ダイス)

おすすめプログラム

この順番で遊ぶと、スムーズに進行できます。
1.まず、サイコロの動きに慣れて頂くために、こちらの遊び方で楽しみます。
遊び方1「サイコロタワーに挑戦」または遊び方2「サイコロ卓球」
2.慣れてきたら、こちらの難易度を上げた遊び方に挑戦。
遊び方3「サイコロ計算」または遊び方4「競馬すごろく」

★遊び方1
「サイコロタワーに挑戦」

何個まで積み上げられるかな?

ルール

サイコロ2個(2㎝角位)とプラスチックのカップ(高さ10㎝程の円柱のもの)を用意します。カップの中にサイコロを入れ、テーブルの上で弧を描くように10回程度振ります。カップをゆっくり持ち上げると、サイコロが積み上がっています。

盛り上げポイント

●最初は2個からはじめ、慣れてきたら個数を増やしていきましょう。
●カップは軽く前に傾けて振ると積み上がりやすいです。

遊びの効果

「もっと出来る」という前向きな意欲を高めることが出来ます(自信や意欲の獲得)。