かさ袋あそび

雨の日にスーパーやデパートに置いてある「かさ袋」。
空気を入れれば、 絶好の遊び道具に早変わり。楽しみ方無限大です!
アレンジ次第では、高齢者の方にも十分楽しんでいただけます。

あそびの特徴から似たあそびを探す

子ども・親子

こんなアレンジもおすすめ

●ダーツの的やストラックアウトの的はもちろん、地面に的を作っても楽しめます。

遊びの効果

目標物に容易に当てることができるため、「できる」という前向きな意欲が芽生えます(自信や意欲の獲得)。

★遊び方2 「ザ・キャッチ」

『投げて受ける』は、簡単そうで難しい!

ルール

2人で向かい合い、「せーの」のかけ声で同時にかさ袋を投げ、キャッチします。

こんなアレンジもおすすめ

●慣れてきたら、3、4、6人組などになり両隣や対角線上の人などへ一斉に投げ、キャッチします。

遊びの効果

ペアやグループで同調しながら投げる動作を行うことで、身体の可動域を十分に使うことができます(身体機能維持)。

★遊び方3 「ちゃんばらごっこ」

何人参加してもOK!

ルール

2チームに分かれ、紙で作った三角帽子をかぶります。みんなでかさ袋を持ち、相手チームの帽子を攻撃。落とされた人はゲーム終了。最終的に、帽子をかぶっている人が多いチームが勝ちとなります。

こんなアレンジもおすすめ

●お題をスタッフの名前にする、クイズ形式にして答えの文字を新聞紙から探して当てるというやり方も盛り上がります。
●グループで協力して探している姿を褒めましょう。

遊びの効果

グループ対抗戦にしてゲーム感覚で楽しむことにより、チームワークが自然と芽生えます(コミュニケーションの促進)。

★遊び方4 「アート作品に挑戦」

どんな作品が生まれるかは想像力次第!?

ルール

かさ袋と身近にある道具を使い、工作アートを作ります。
例:かさ袋に画用紙の尾翼をつけてロケット/数本のかさ袋をまとめてマシンガン/空気を入れたゴミ袋に数本のかさ袋をつけてクラゲ など。

こんなアレンジもおすすめ

●個人だけでなく、グループでも作ってみましょう。

遊びの効果

想像力を働かせるため、個性豊かなアート作品が完成 します(ココロの安定(安心感、一体感))。

あそびの概要・準備

雨の日にスーパーやデパートに置いてある「かさ袋」。 空気を入れれば、 絶好の遊び道具に早変わり。楽しみ方無限大です! アレンジ次第では、高齢者の方にも十分楽しんでいただけます。

必要な用具について

・かさ袋

・基本の作り方
かさ袋に空気を入れ、空気がパンパンに入ったら口をねじり、セロハンテープでとめます。さらに口の部分を布ガムテープで2回ほどまいたら(おもり代わり)出来上がりです。

おすすめプログラム

この順番で遊ぶと、スムーズに進行できます。
1.まずかさ袋遊びに慣れて頂くために、こちらの遊び方で楽しみます。
遊び方1「的あてゲーム」または 
遊び方2「ザ・キャッチ」
2.慣れてきたら、こちらの難易度を上げた
遊び方に挑戦。
遊び方3「ちゃんばらごっこ」または 
遊び方4「アート作品に挑戦」

★遊び方1 「的あてゲーム」

上手に的に当てられるのは誰かな?

ルール

ホワイトボードに的を書き、その的にくっつくように、かさ袋の先端に布ガムテープの輪(テープの粘着部分を外側にして輪を作る)をつけます。的を狙って順番に投げて遊びましょう。