昔なつかし木のおもちゃ 〜創ってあそぶ

おじいちゃん、おばあちゃんたちの子どもの頃の遊びです。
(デザイン:稜 いっぺいさん)

あそびの特徴から似たあそびを探す

子ども・親子

あそびの概要・準備

「けん玉」の作り方

1.直径3.5cmくらいの丸木を6cmくらいにノコギリで切る。

2.玉の代わりに厚さ1.5cmの輪切りをヒートンとひもでつなぎ、直径1.5cm、長さ10cmくらいの持ち手をくぎとボンドで取りつける。

「こま」の作り方

1.直径2.5cmの丸木を図のようにナイフで削り、ノコギリで切る。

2.キリで穴をあけ、つまようじを適当な長さに切って、ボンドを塗って差し込む。

 

 

「だるま落とし」の作り方

1.直径3.5cmくらいの丸木を図のように、ノコギリで斜めに切る。

2. 先のとがったところを切り落とし、だるまの顔になる部分(厚さ3.5cm)と、厚さ2cmの輪切りを5個つくる。

3.ハンマーは、直径2cmくらいの丸木を四方からナイフで削り、四角くする。3cmくらいの長さにノコギリで切る。

4.ハンマーの柄は直径1cmくらいの小枝の先を図のようにナイフで削る。

5.13cmくらいの長さにノコギリで切り、ハンマーの頭と柄をくぎとボンドでつなぐ。

あそびの概要・準備

おじいちゃん、おばあちゃんたちの子どもの頃の遊びです。 (デザイン:稜 いっぺいさん)

あそびの概要・準備

  • 丸木(直径3.5cm/2.5cm/2.0cm/1.5cm)
  • 小枝
  • のこぎり
  • キリ
  • ナイフ
  • ヒートン
  • ひも
  • ビーズ
  • つまようじ
  • ボンド

 

進め方とコツ

●けん玉の持ち手をつなぐときは、キリで穴をあけて、ボンドをたっぷり塗っておきましょう。

●ひもを使って回すこまをつくるには、直径3.5cm以上の丸木を使います。つまようじを短く切ったものにボンドを塗り、上と下に差し込みます。

●だるまの目は、目玉はビースを、眉毛や口は、細い小枝をボンドでくっつけましょう。

 

* 出典 REC特別増刊38号「かわいい手作りさん」 日本レクリエーション協会発行