スポーツチャンバラ 〜運動遊び

世代をとわず誰もが知っているなつかしい遊び、チャンバラごっこ。それを現代風にアレンジしたニュースポーツが「スポーツチャンバラ」です。

あそびの特徴から似たあそびを探す

子ども・親子

あそびの概要・準備

1.まずは2人組になって剣の振り方を練習しましょう。

剣道は“面”“胴”“小手”と、たたく場所が決まっていますが、スポーツチャンバラは、頭のてっぺんから足先まで、からだのどこをたたいてもOK。たたいたら「勝ち!」、たたかれたら「負け!」です。まだ練習ですから本当にたたかず、たたく直前で止める“寸止め”で、振り方の要領を覚えましょう。ケガを防ぐために、スポーツチャンバラをするときは、頭部をカバーする専用面を必ず、かぶるようにしてください。

 

2.振り方の要領が分かったところで実戦練習!

1対1の対戦をしてみましょう。スポーツチャンバラに堅苦しい決まりごとはありません。剣の持ち方も振り方も自由。自分のスタイルで楽しめます。「相手のどこをたたいても勝ち!」というルールは、逆にいえば「からだのどこをたたかれても負け!」ということ。相手の剣をうまくかわしながら、自分の剣をいかに打ち込むか? こういわれると難しいようですが、からだを動かしていればコツは自然と分かってきます。

子どもからシニアまで誰でもできて、すぐに上達するのもスポーツチャンバラの魅力です。

3.2組に分かれて戦いあう合戦ゲーム

さながら戦国時代の“いくさ”です。はちまきなどで敵と仲間を区別できるようにしたら準備完了。合戦ゲームの開始です。敵の剣がからだにあたったら(=切られたら)負け。切られた人は相手にはちまきを渡していさぎよく退場しましょう。さあ、厳しい乱世の勝者になるのはどちらのチーム?!

 

アドバイス!

●剣は、あたってもケガをしないように安全性を追求して開発されたスポーツチャンバラ協会公認の「エアーソフト剣」を使うようにしてください。

●万一のケガを防ぐために、頭や顔をカバーするスポーツチャンバラ専用面を必ずかぶりましょう。

あそびの概要・準備

チャンバラごっこで楽しもう。スポーツチャンバラ

世代をとわず誰もが知っているなつかしい遊び、チャンバラごっこ。それを現代風にアレンジしたニュースポーツが「スポーツチャンバラ」です。型にしばられない自由さとルールのシンプルさから人気が高まり、今では世界大会も開かれています。スポーツチャンバラはケガをしないように、「エアーソフト剣」、「スポーツチャンバラ専用面」を使うので、子どもが遊んでも安全。それに運動量も意外と豊富です。お父さんやお母さんも、日ごろの運動不足解消やダイエットに、子どもといっしょに楽しんでみませんか?