自転車 〜運動遊び

自転車を使って簡単にできる楽しい遊び方を紹介します。

あそびの特徴から似たあそびを探す

子ども・親子

あそびの概要・準備

1.マウンテンバイク競技の超ベーシックな技、スタンディング(立ち乗り)に挑戦してみましょう。

自転車を止めた状態でブレーキを前後ともしっかり握り、サドルから腰を浮かせて、立ち上がります。はじめはなかなかできないので、壁に前輪を押しあてて練習してみましょう。できるようになったら、壁なしに挑戦! ハンドルを左右に切ったり、体重を前後に移動させしたりすると、うまくバランスがとれて自転車は倒れません。

2.「立ち乗り相撲」はバランス感覚がものをいう遊びです。

まず平らな地面に、ディスクコーンなどで直径 10~20mの円形をつくり、土俵に見立てます。「ハッケヨイ! ノコッタ!」の合図で参加者がいっせいに円の中に入り、できるだけゆっくり自転車をこぎます。足をついたり、円からはみ出したり、ほかの人の自転車やからだにぶつかったら負け。土俵の外に出ます。中にいる人が少なくなったら円をせまくしていき、最後まで残った人が勝ちです。

 

3.自転車に乗ったまま、ゴムでつくったバーをくぐり抜ける「リンボーゲーム」をしてみましょう。

成功したら、だんだんバーを低くしていきます。ゴムにふれてしまったり、地面に足をついてしまったりしたら選手交代です。スピードを出してくぐり抜ける必要はありません。本場のリンボーダンスのように、ゆっくりとバーをくぐり抜けてみましょう。

 

アドバイス!

●スタンディングはバランスのとり方が多少難しいので、最初はゆっくりと練習し、少しずつからだで覚えるようにしましょう。
●ここで紹介した遊び方は、どれもスピードは不要です。ゆっくりと自転車をこいで遊びましょう。
●どんな自転車でも遊ぶことができます。地面も土、アスファルトなどを問いません。

あそびの概要・準備

じでんしゃであそぼう
(スタンディング&リンボーゲーム)

自転車は普段の生活に欠かせないアイテム。この自転車を使って簡単にできる楽しい遊び方を紹介しましょう。自転車を使った遊びは、バランス感覚を養うのにもってこい。知らず知らずに乗り方の技術が上達するので、道路を走るときの転倒事故防止にも役立ちます。買い物や通勤で自転車を使うお父さんやお母さんもいっしょに練習してみてくださいね。自転車はマウンテンバイクなどでなくても、普通の自転車でOKです。

あそびの概要・準備

  • 直径20cm程度のディスクコーン
  • ゴムひも3〜4m
  • 自転車(幼児用自転車からマウンテンバイクまで何でも可能)
  • ヘルメット等

 

あそびの概要・準備

ご質問はこちらへどうぞ

山上 伸夫(日本マウンテンバイク協会 愛知県支部 専務理事)
電話:052-807-3196
メール:zz4v8chevy@gmail.com