エアボール

まるで風船のように浮きあがる、あらゆる年齢層で楽しめるボールです。子どもたちの創造性を発揮させる表現運動にもお勧め。多人数で遊べるのもうれしい魅力です。

あそびの特徴から似たあそびを探す

ニュースポーツ介護予防チャレンジ・ザ・ゲーム

世界あそび事典 /エアボール

©日本レクリエーション協会

遊び方

①パラシュートを持ったグループ2組が、それぞれ ネットをはさんでスタンバイします。
②エアボールをパラシュートで返し合い、先に床に 落とした方が負けとなります。

 
★こんな遊び方もできます

「送りゲーム」
遊び方:複数人数で1列に並び、前から後ろ、後ろから前にエアボールを送っていきます。2チーム以上で行い、先にエアボールが1往復したチームの勝ち。運動会などにもおすすめです。

「エアボールパスで競争」
遊び方:パラシュートを持った2グループが、エアボールをパスしながらスタート地点からゴール地点まで向かいます。2グループで1チームとし、どのチームがどれだけ早くゴールできるかを競います。

あそびの概要・準備

人数

1人〜

適した場所

屋内、屋外

必要な用具について

エアボールゲームセット
・ エアボール(直径約60cm・約130g)
・ パラシュート3人用(直径約140cm・約140g)
*空気の注入にはコンプレッサーが必要です。また、注入口は ジッパー式のため、注入後は少しずつ空気が抜けていきます。

用具の詳細・購入ページを見る