ロープ・ジャンピング・10【フィールド競技/各チームごと】

関連:チャレンジ・ザ・ゲーム「ロープ・ジャンピング・10

あそびの特徴から似たあそびを探す

チャレンジ・ザ・ゲーム運動会向け

ルール

 スタートの合図でロープを回し始め、跳び役の13人は、ロープの中に左右どちらか一方から一人ずつ入って行き跳び続け、10人目が入って全員が飛んだ時点からカウントを開始する。

 全員が1回跳ぶごとにカウント。競技時間内であれば、失敗しても何回でもチャレンジできる。競技時間内の最高記録が、そのチームの記録となる。

 

 

 競技時間が過ぎても全員がそろって跳び続けている場合は誰かが引っかかるまで続行できる。

 跳んでいる人数が10人に満たない場合はその時点で終了。

 競技時間内での ロープの回し役、跳び役の交替、作戦タイム、休憩は可。

あそびの概要・準備

競技名

ロープ・ジャンピンク・10

種別

フィールド競技

競技構成
  • 13人1組
  • 多チーム対抗
  • 各チームごとに競技実施