ペア・リング・キャッチ

10人が5組のペアになり、図のようにネットを持って配置につきます。まず、Aペアがネットにボールを入れ、Bペアにパス。BペアからCペアにパス。Cペアは次に待機しているDペアにパス。「ホップ」「ステップ」「ジャンプ」のリズムで何回パスができるかをカウントします。カウントは「ホップ」「ステップ」「ジャンプ」の3回のパスで一回とカウントします。3分間のうち、何回続けてカウントできるかを競います。

あそびの特徴から似たあそびを探す

ニュースポーツチャレンジ・ザ・ゲーム

  • 大きくパスした後、待機地点に移動する際は、立ち位置を入れ替える。
  • 1.2.3例えば、「ホップ」「ステップ」「ジャンプ」のリズムで失敗せずに何回パスができるかをカウントする。カウントは「ホップ」「ステップ」「ジャンプ」の3回のパスで一回とカウントする。
  • 3分間の間であれば失敗しても何回でもチャレンジできる。3分間の中で一番良い記録をチームの記録とする。3分過ぎてもプレーが続いている場合は失敗するまで続行することができる。
  • パスはそれぞれ指定エリアに向かって行うが、指定エリア外でキャッチした場合は指定エリアに戻ってから次のパスを行う。
  • アウトとなった場合、次のチャレンジの間にペアの組み換え・交替、作戦、休息タイムは認められる。 ※作戦・休息タイムは30秒以内とする

 

アウト
  • ボールを手や腕でホールドした時。
  • パスのテンポが遅すぎる時(最低10秒間で5回以上の速さでパスを交換すること)。
  • 各ポジションの指定エリア外からパスした場合。
  • 待機地点に移動する際、ペアの立ち位置が入れ替わっていない場合。
  • 競技者以外の人が故意にボールに触った場合。

 

 

  • ネット・パス・ラリー用ネット 5枚セット
  • ネット・パス・ラリー用ネット 2枚セット
  • ドッヂボール3号球

ペア・リング・キャッチセット

用具の詳細・購入ページを見る

あそびの概要・準備

人数

1チーム10人(補欠は2名まで可)

隊形

各ペアは3m間隔に引かれた各指定エリアに図のように位置し、Aペアがネットにボールを載せる。

用具

CG推進本部公認ネット。または50cm×100cmの大きさのネットで網目の大きさが45mm以下。素材はポリエチレンまたはナイロン製のもの(5枚)。ドッジボール3号球1個。
各指定エリアは3m間隔で長さ3mのラインテープを4本引く。

関連する大会・団体

Charrenge the Game
チャレンジ・ザ・ゲーム

●お問い合わせ先
公益公益財団法人 日本レクリエーション協会
全国いつでもチャレンジ・ザ・ゲーム推進本部


競技ルール

  • 審判の「よ~い、スタート」の合図で、まず、AペアからBペアにパス。BペアからCペアにパス。Cペアは次に待機しているDペアにパスをする。各ペアはパスを終えたと同時に次の位置(図1の方向)へ移動する。