リング・テニス

5組のペアが8m離れ、リングを1個ずつ持ち、向かい合います。かけ声をあわせ、全員でリングをスローイングし、お互いのパートナーが投げたリングをキャッチします。全員でリズムを合わせることがポイントです。

あそびの特徴から似たあそびを探す

ニュースポーツチャレンジ・ザ・ゲーム

世界あそび事典 / リング・テニス

リングキャッチの派生版、リングテニスの紹介VTRです。
この用具の購入はこちらからもできます→あそびのカタログ

競技ルール

  • 各自がリングを1個ずつ持ち、パートナーとスローイングとキャッチングを行う。
  • この時リングはアンダーハンドでスローイングしなければならない。つまり、「1、2」でスローイングの予備動作を行い、「3」でスローイングし、「4」でパートナーからのリングをキャッチする。(リングの交換)
  • スローイングとキャッチングは必ず片手で行う、ただし、キャッチした後リングを持ち替えてスローイングしても構わない。
  • 10人が一斉に掛け声とともに行い、これを5秒以内で1回交換するようペースを守らなければならない。
  • リングが1個でも地面に落ちたらアウト。全員がミスなくキャッチできた時にカウントする。
  • リングをラインの内側でキャッチした場合、次のスローイングは必ずラインの外側で行わなければならない。
  • チャレンジは3回までとし、その中の最高記録をそのチームの記録とする。
  • チャレンジごとのメンバーの並び替えは認める。
  • チャレンジ間の作戦タイム、休憩タイムは30秒以内とする。

 

 

 

アウト
  • ニュートラルゾーンの内側でスローイングした場合。(ラインを踏むのも不可)
  • アンダーハンドでスローイングしなかった時。
  • スローイング、キャッチングを両手で行った時。
  • リングを地面につけた状態でキャッチングした時。
  • リズムが不規則となった時。又は遅すぎた時(5秒以内に1回の交換をする。なお、「1、2」の掛け声は1分間60拍以上)

あそびの概要・準備

人数

1チーム10人(2人×5組)

隊形

5組のペアが各自リングを1個ずつ持ち、ニュートラルゾーン8m離れて向かい合う。

用具
  • CG推進本部公認ゴム製リング10本(直径16.5cm)、太さ3cmの円形で赤黄2色5本ずつ
  • CG推進本部公認のビニール製サイドライン(10m×8m長方形)

 

  • ペア・リング・キャッチセット (リングテニス6本)
  • リングテニス用リング(赤) (直径約17cm・重量180?190g)
  • リングテニス用リング(黄) (直径約17cm・重量180?190g)

 

ペア・リング・キャッチセット

用具の詳細・購入ページを見る