ロープ・ジャンピング・10

ロープに順番に入り、みんながそろって跳び始めたところでカウントスタート。途中でミスしないようにと、ドキドキハラハラの緊張感も楽しめます。チャレンジ・ザ・ゲームの種目の中で、初期に開発されたなわとび種目で、運動量もあり、永く愛好されています。

あそびの特徴から似たあそびを探す

ニュースポーツチャレンジ・ザ・ゲーム

競技ルール

  • 競技時間はスタートの合図から3分間とする。
  • スタートの合図でロープを回し始める。跳び役となる10人は、ロープの中に左右どちらか一方から1人ずつ入っていき跳び続ける。この時、間を空けて入っても構わない。
  • 10人目が加わり、全員が跳んだ時点からカウントを開始する。
  • 競技時間内で失敗した場合は、何回でもチャレンジすることができる。
  • 競技時間内での最高記録がそのチームの記録となる。
  • 競技時間(3分間)が過ぎても、全員そろって跳び続けている場合は、失敗するまで競技を続行できる。この場合、失敗した時点で競技終了となる。
  • 競技時間内でのロープの回し役と飛び役の交替、作戦タイム、休憩は認められる。
  • チャレンジ間の作戦タイム、休憩タイムは認められる。

 

 

 

アウト
  • 跳び役が一斉に跳び始めたとき。
  • 跳び役が回っているロープの左右、または中央と分かれてロープに入ったとき。

 

10人なわとびロープ (収納袋付・柄の長さ67cm、ロープの長さ10m、重量1.5kg)

ロープ・ジャンプ・X競技用ロープ

用具の詳細・購入ページを見る

あそびの概要・準備

人数

1チーム12人

隊形

ロープの回し役の2人がロープを持ち、跳び役の10人が並ぶ。

用具

CG推進本部公認ロープ

関連する大会・団体

Charrenge the Game
チャレンジ・ザ・ゲーム

●お問い合わせ先
公益公益財団法人 日本レクリエーション協会
全国いつでもチャレンジ・ザ・ゲーム推進本部