フロート・パス・ラリー

大小2つをつなげた変形バルーン(以下:ボール)を使って、ペア2組がパスをしあいます。必ずペアの2人ともが一度タッチしてから、相手にパスをします。1人がタッチしているときに、残りの3人が声援を送る、取りやすいようにパスしてあげるなど、仲間を思いやることが好記録のポイントとなります。

あそびの特徴から似たあそびを探す

ニュースポーツチャレンジ・ザ・ゲーム

競技ルール

  • ボールを持っているペア(AまたはB)のうちの1人が、ペアのもう1人にボールを片手でトスし、このボールをニュートラルゾーンに踏み入らないように相手ペア(CまたはD)に片手でパスする。
  • 同じ要領で相手ペア(CまたはD)もトス&パスする。以上を繰り返す。
  • 同じ人が続けてボールに触ることはできないが、自分のサイドで2人が交互になら何回トスしてもよい。
  • ボールを落とさずに相手ペアの1人が触れることができれば1回と数える。
  • 競技時間は3分間とする。
  • 記録は、競技終了時までトータル何回できたか、その合計回数をチームの記録とする(終了前にパスしたボールでも、キャッチ成立後に終了時間を過ぎた場合は、カウントには含まない)。

 

 

 

アウト
  • ボールが地面に落ちたり、同じ人が続けて2回以上ボールに触れた場合。
  • ニュートラルゾーンのラインを踏んだり、中に入って打った場合。
  • 自分のサイドからのジャンプであれば空中で打つことは認められる。
  • 故意に同じ人が2回以上続けてボールに触った場合。
  • 両手でボールをトスまたはパスした場合。

 

フロート・パス・バルーン セット (バルーン大小各3、連結用輪ゴム3)

ロープ・ジャンプ・X競技用ロープ

用具の詳細・購入ページを見る

あそびの概要・準備

人数

1チーム4人(2人×2組)

隊形

各ペアはニュートラルゾーンを示す2mの間隔で引かれたラインを挟んで立ち、どちらか一方のペアが変形バルーンを持つ。

用具

CG推進本部公認バルーン2つを直径30cmと45cmにふくらませ接合したもの。または同サイズの既製品を接合したもの。