ドリブル・リレー

5人が横一列に並び、右端から3人は1つずつドッジボールをもってスタンバイ。合図とともに交互の手でボールを2回床に突き、みんなで同時に右に横移動(一番右端に来た人は左端に移動)。運動量もあり、スピードとテンポやリズムがポイントとなります。

あそびの特徴から似たあそびを探す

ニュースポーツチャレンジ・ザ・ゲーム

競技ルール

  • チームリーダーが「せ?の」の掛け声を掛け、「トン、トン」と交互の手で、ボールを2回床に突く。
  • 突いた後、ボールはそのままで、5人同時に素早く右に移動し、右隣の人の突いていたボールを「トン、トン」と交互の手で2回床に突くこの時、右端の人は、速やかに左端へ移動する。
  • カウントは全員が右側へ移動するたびに行い、3人共に自分のボールを交互の手で突くことができたとき1回とカウントする。以下、同様に繰り返す。
  • 競技時間は2分間とする。ただし、競技時間が過ぎても、バウンドもしくは「ドリブル」ミスやアウトにならずに続けている場合は、失敗するまで競技を続行できる。この場合、失敗した時点で競技終了となる。
  • 記録は競技終了までトータル何回できたか。その合計数がチームの記録となる
  • 競技時間内でのメンバーの並び替えの変更、作戦タイム、休憩は認められる。

 

アウト
  • 1人でもボールを突くことができなかった場合。
  • パスのテンポが遅すぎた時。最低30秒間に15回以上の記録となる速さで移動する。
  • ボールを手渡したり、ホールドしたり、交互の手で突かなかった場合。
  • ボールがタッチされずに2バウンドした場合。

 

 

あそびの概要・準備

人数

1チーム5人

隊形

5人が一列横隊に並び、右側の3人は1つずつボールを持つ。

用具

ドッジボール3号を3つ(空気圧の目安は1.5mの高さから自然落下させた時、0.6m?0.9mの高さに跳ね返る程度がよい)

関連する大会・団体

Charrenge the Game
チャレンジ・ザ・ゲーム

●お問い合わせ先
公益公益財団法人 日本レクリエーション協会
全国いつでもチャレンジ・ザ・ゲーム推進本部