キャッチング・ザ・スティック

横一列に右端から8人が、1人2本のスティックを持ち、“トントン”のリズムにあわせてスティックを突き、“パッ”と離して、素早く右へ横移動。何回続けてキャッチできるかを楽しみます。チャレンジ・ザ・ゲームの種目の中で初期に開発された種目で、幅広い年齢層で楽しめ、長く愛好されています

あそびの特徴から似たあそびを探す

ニュースポーツチャレンジ・ザ・ゲーム

競技ルール

  • チームのリーダーが「せ?の」の掛け声を掛け、「トン、トン」とスティックを2回床に打ちつける。
  • 打ちつけた後、2本のスティックを8人同時に、パッと離し素早く右へ移動し、右隣の人のスティック 2本をキャッチする。この時点からカウントを開始する。
  • 右端の人は、速やかに左端へ移動する。
  • カウントは全員が右へ移動するたびに行う。
  • 1人でもスティックのどちらかを床に倒してしまうか、他のメンバーがスティックに触れ、支えた場合はその時点で終了となる。
  • チャレンジは3回までとし、その中の最高記録をそのチームの記録とする。
  • チャレンジごとのメンバーの並びかえは認められる。
  • チャレンジ間の作戦タイム、休憩タイムは30秒以内とする。

 

 

 

アウト
  • 「トン、トン」の時、1人でも床からスティックを浮かしていない者がいた時。
  • 次の人がキャッチしやすいようにスティックを押さえたまま手渡した時。
  • 「せ?の」などの開始の掛け声は最初の1回だけ。
  • 「トン、トン、パッ」のテンポが遅すぎた時。最低1分間に96拍(10秒間に4回以上)以上の速さで実施する。

あそびの概要・準備

人数

1チーム10人

隊形

メンバーの内8人が1人2本のスティックを両手で持ち、横一列に並ぶ。スティックを持っていない2人は列の左端につく。

用具

CG推進本部公認スティック16本

関連する大会・団体

Charrenge the Game
チャレンジ・ザ・ゲーム

●お問い合わせ先
公益公益財団法人 日本レクリエーション協会
全国いつでもチャレンジ・ザ・ゲーム推進本部


キャッチング・ザ・スティックどんぱあセット


用具の詳細・購入ページを見る