ロープ・ジャンプ・X

グループ・バンブーダンスと基本的な方法は同じで、2分間で何回ステップできるかを競います。好記録のコツは、リズムとスピードの調和です。竹を打つ人と、跳ぶ3人とが声を掛け合って、スピードの限界に挑戦できる種目です。

あそびの特徴から似たあそびを探す

ニュースポーツチャレンジ・ザ・ゲーム

競技ルール

  • 跳び手のステップの方法は「グループ・バンブーダンス」と同じ。
  • 「スタート」の合図で、リズムキーパーは竹を打つ。
  • 3人が竹の中に入り、右または左へ移動できた時点でカウントを始める。
  • 途中ミスした場合には、一旦中止して、また、3人がステップしたところで、そこから続けて数える。2分間でトータル何回できたか、その合計数がそのチームの記録となる。

 

アウト
  • チャレンジ中に1人でも前の人の肩から手を離した時。
  • 3人が一緒に定められたステップを踏めなかった時。

 

 

  • 長さ4m程度の竹棒2本(長さ3.5m以上、直径4.5cm程度の竹が望ましい)。
  • 長さ1mの竹を半分に縦割りにした台2本(枕竹)。
  • ロープ・ジャンプ・X競技用ロープ

    あそびの概要・準備

    人数

    1チーム5人以上

    隊形

    チームのうち2人が竹を打つ係(以下、「リズムキーパー」と呼ぶ)。他の3人(以下、「跳び手」と呼ぶ)は竹棒に対して並行に縦1列に並ぶ。

    用具

    幅5mm以上15mm以下で3m以上のゴムを結んで1本の輪にしたもの。